1. 格安航空券トップ >
  2. 目的地から探す >
  3. 中国 >
  4. 米子

目的地から探す

米子行きの格安航空券

山陰一の湯量を誇る皆生温泉まで30分、妖怪と魚の町境港まで15分、松江城を擁する松江まで45分とまさに観光地の中心に位置する米子空港。実は自衛隊との共用飛行場で、航空自衛隊美穂基地が併設されているので、美保空港とも呼ばれます。国内は羽田と中部国際空港の路線が就航しています。
米子空港詳細へ

米子行きの格安航空券を検索

北海道
東北
信越・北陸
関東 茨城 >> 米子 
東京(羽田) >> 米子 
東京(成田) >> 米子 
東海 名古屋(中部) >> 米子 
近畿 大阪(神戸) >> 米子 
中国
四国
九州
沖縄

米子の魅力とは?

米子市は鳥取県の西側に位置しています。国の指定名勝である「深田氏庭園」、全国で2体しかない「石馬」が収蔵されている「天神垣神社」、山陰でもっとも規模が大きい「米子城跡」など、歴史的な見どころがたくさんあります。また、なんといっても水木しげるゆかりの地である米子では、各所でゲゲゲの鬼太郎の足跡を眺めることができます。JR米子駅は愛称をねずみ男駅といい、0番ホームから鬼太郎列車に乗ると、鬼太郎駅と呼ばれるJR境港駅まで運んでくれます。そこから水木しげる記念館まで800メートル。その道は「水木しげるロード」と呼ばれています。また、米子空港も愛称を「米子鬼太郎空港」といい、降り立った瞬間からおなじみのキャラクターを目にすることができ、旅のはじまりを盛り上げてくれます。

米子で楽しめるグルメ・特産物は?

米子で有名な食べ物といえば、吾左衛門鮓です。JR米子駅で購入できる有名な駅弁ですが、棒状の押し寿司なので、お土産として持ち帰ることも可能です。内容は鯖、蟹、鰺、鱒、鯛、または鯖の燻し寿司のなかから選べるので、青魚の押し寿司は苦手という人も挑戦しやすくなっています。そのほか、この土地でしか買えないインパクトのあるお土産として「妖菓目玉おやじ」があります。ゲゲゲの鬼太郎にちなんだお菓子は多いのですが、こちらはこしあんと刻んだ栗をねりきりで包み、その上に赤と黒の羊羹を重ね、寒天でコーティングするという「目玉のおやじ」をそのまま模ったもの。見た目とは裏はらに味は本物なので、お土産として喜ばれること請け合いです。

米子の格安航空券を手に入れる方法は?

せっかくの米子への旅、交通費を安くおさえるために格安航空券を利用して節約して、予算は観光にとっておきたいものです。米子空港(愛称・米子鬼太郎空港)まではANAの旅割を利用して格安航空券を手に入れるのがお得です。出発の75日前、55日前、45日前、28日前、21日前、3日前、とそれぞれ割引があり、早ければ早いほど割引率が上がります。また、米子までの格安航空券は祝日やお盆前、年始年末を避け、平日の出発にすれば手に入りやすくなります。クリスマスの前後もイベントが多いので格安航空券は手に入りにくくなります。格安航空券を手に入れて、ゲゲゲの鬼太郎に会いに米子に遊びにいきましょう。